「噛める喜びの提供」
  • プロフィール
  • 製品情報
  • インプラント
  • セラミックス
  • 義歯
  • テクノロジー
  • 中田デンタルニュース
  • デンツプライ三金株式会社
  • ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
  • 大信貿易株式会社
  • Ivoclar Vivadent

PRODUCT INFORMATION( 製品情報 )

インプラント

歯科用インプラント治療は、虫歯や歯周病や外傷または先天的に歯が無い部分の顎骨に、 人工歯根として埋め込み、その上に人工の歯を補綴して機能的・審美的な回復を目的とした治療方法です。失った「歯」を回復するには、主に以下の3つの方法があります。

  1. 1、隣の歯に、金属のバネで固定する部分入れ歯タイプ
  2. 2、隣の歯を削って、金属やセラミックなどで被せるブリッジタイプ
  3. 3、失った部分だけを治療するインプラントタイプ

また、全部の歯を失うと総入れ歯タイプか、インプラントタイプの治療になります。
前述1の金属のバネで固定する部分入れ歯タイプは、金属のバネの見た目の問題や固定する歯に余分な力がかかることや2のブリッジタイプは、健康な隣の歯を削らなければならない場合があります。このような問題を解決できるのがインプラント治療になります。
例えば、現在使っている総入れ歯がすぐ外れたり、ガタガタしてよく噛めないなどの不満をインプラント治療によって入れ歯を安定させる方法など様々です。
当社は、数多いインプラントメーカーや患者様の満足度の高いインプラント治療『オール・ オン・4』の技工物にも対応し、高精度・高品質を必要とするインプラント技工の更なる向上を目指しております。

インプラント
インプラントはこちら
セラミックス&レジン

セラミック素材の「歯」とは、保険適用の歯(銀歯等)とは違い、保険適用外の歯(陶材 を使った被せ物)で、この素材の特徴はキズが付きにくく、ほとんど変色もしません。
また、汚れ(プラーク等)も付きにくく耐久性がある為、口の中で長期間使用できます。
セラミックの「歯」の種類には、大きく分けて、①ジルコニアセラミック②e.max③メタルボンド④ハイブリッドセラミックの4つに分けられます。

  1. ①ジルコニアセラミックはジルコニア(人工ダイアモンド)という金属と同等の強度がある素材の被せ物に、セラミックを焼きつけた物で、強度があり、また金属を使用していないので、金属アレルギーが起こることがありません。見た目にも美しい色調を持つ歯です。
  1. ②e.maxは、天然歯に近い色調で見た目が良く、セラミックだけで作られているため金属アレルギー等が起こりません。
  1. ③メタルボンドは金属の被せ物の外側にセラミックを焼きつけた物でe.maxに比べ若干色調は劣りますが、中身が金属なのでより強度があります。
  1. ④ハイブリッドセラミックは、セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混合させた素材で、セラミックよりは柔らかく、周囲の歯にダメージを与えにくい素材です。
    長期使用にて多少の変色がみられます。
セラミックス
セラミック製品はこちら
義歯

義歯とは、歯を失ってしまった部分に応じて、人工の歯を用い、部分的或いは全体的に欠 損した部分を補う「入れ歯」です。
素材は、レジン(プラスチック)や金属・樹脂などを様々な形で使用します。
「保険適用義歯」・・・歯が抜けた場所に人工の歯と歯肉に似た色のレジン(プラスチック) クラスプと呼ばれる入れ歯を固定する為の金具を使用した入れ歯です。保険適用の為、安価です。
「金属床義歯」・・・保険適用義歯と比べ、床(しょう)の部分を薄くすることができたり、 熱の伝わりが良いため、食べ物の温度を感じられます。また部分的に金属でできている為 強度もあり、しっかりと固定・吸着できるので、良く食べ物を噛む事が出来ます。
チタン、コバルトクロム、貴金属を使用します。
「ノンクラスプデンチャー」・・・保険適用義歯や金属床義歯で使用するクラスプ(金具)を基本的に使用しない、審美性に優れた入れ歯です。弾性に優れた樹脂を使用しますので、割れにくい入れ歯です。また、金属アレルギーのある患者様に適しています。 当社では、アルティメット、パルブラスト、ピタット、エンジェルの4種類で患者様の多様なニーズに対応しております。

義歯
義歯製品はこちら

ページTOP